愛知県中川区にある助光デンタルクリニックについての情報をお知らせしていきます
page top
虫歯の進行について
今日は虫歯の進行についてお話しします♩

1.CO(要観察歯)
酸によってエナメル質の表面が溶かされて
しまった状態をCOといいます。
虫歯のなりかけの状態で、まだ削る治療は
必要なく、歯磨きをしっかり行い、定期的に
フッ素を塗布することによって自然治癒する
可能性があります。
2.C1
虫歯になりかけていた状態を放置していると
さらに酸により溶かされ、エナメル質に
小さな穴が空いてしまいます。
この穴は黒や茶色に変色します。
3.C2
C1の状態からさらにエナメル質の奥の
象牙質まで進行していくと、食事の際に
冷たい物、温かい物がしみることが
あります。
神経の近くまで進行してしまうと、
ズキズキした痛みがおこります。
C1~C2は虫歯になった部分を削って
除去し、詰め物をします。
4.C3
そして虫歯が神経まで達すると激痛を
伴い、神経の治療が必要になってきます!
5.C4
完全に歯の見えている部分が溶け、
神経も死んだ状態になると、痛みさえも
感じなくなってしまいます。
ここで歯が少しでも残っていれば
被せ物を使用し、対応できる可能性も
ありますが、残っていないと抜歯に
なってしまいます。
虫歯が進行してしまう前に早めに対応
することが大切ですね💡
次は詰め物についてお話しします♩
スポンサーサイト
© 助光デンタルクリニック ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG