愛知県中川区にある助光デンタルクリニックについての情報をお知らせしていきます
page top
お口の中が綺麗だといいこと
虫歯予防ができる
お口の中には約700種類もの細菌が存在し
その細菌が糖分を分解しプラークという細菌の塊をつくります
プラーク中の細菌が酸を出して、歯を溶かすことで虫歯になる
お口の中のプラークをきれいにすることで虫歯予防につながります

歯周病・歯肉炎を防ぐ、進行を止める

プラーク中の細菌が毒素をだすことによって、歯肉炎になり歯肉炎が進行し、歯が抜けてしまう病気、歯周病になってしまいます
プラークをしっかり落とすことで歯周病の予防になります

口臭を防ぐ
→プラークや歯周病がある人らその菌のせいで
口臭を発生してしまいます。プラークを取り除くことにより、食べ物や臓器の病気以外などを除く口臭を防ぎます

風邪やインフルエンザを防ぐ
口の中に細菌が沢山いると、それらは外部から入ってきた風邪菌やウイルスのサポーターとなり内部に侵入しやすくします。口の中の細菌を減らす事にやって、風邪やインフルエンザの予防に繋がります。

清潔感があり、見た目が良い。
→食べカスやプラークの付着している歯や歯肉炎で赤く腫れている歯茎は清潔とは言えず相手に不快な印象を与えてしまいます。
食べカスやプラークを取り除くことにより、引き締まった歯茎を手に入れることができ、相手に与える印象が良くなります。

お口のネバネバを抑え、口の中が気持ち良い
→ネバネバの原因はお口の中の細菌の繁殖によるものであり、口の中をきれいにすることで細菌繁殖を抑えてネバネバも無く、口の中が気持ち良くいられます。

歳を重ねても自分の歯でおいしく食べれる
歯を失う原因は主に歯周病と虫歯です。失った歯を補うために入れ歯を入れたとしても噛む力は以前の30%ほどと言われています。口の中を綺麗にして、歯周病や虫歯を防ぐことにより、歳を重ねても健康な歯と歯茎を手に入れれます

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 助光デンタルクリニック ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG